2020/10/05 新車

【最新技術を2ドアボディでも】Eクラスのクーペとカブリオレのマイナーチェンジを発表

●新型Eクラス カブリオレ


メルセデス・ベンツ日本は2020年10月5日、Eクラスのクーペとカブリオレのマイナーチェンジモデルを発表。同日より販売を開始した。価格は832万円から。日本へのデリバリーは10月からを予定している。

Eクラス

先行発表されたセダンやステーションワゴンと同様、大幅なアップデートが施された新型Eクラスクーペ&カブリオレ。エクステリアには最新メルセデスデザインが採用され、セダンと同じようによりスポーティでシャープな印象へと変わっている。

Eクラス

そしてインテリアにも、最新型ステアリングホイールやAR(拡張現実)ナビゲーションを始め、数々の最新装備が与えられている。その装備内容はもちろんセダンと同じだ。

【モデルチェンジ級の変更!?】メルセデス・ベンツ Eクラスがマイナーチェンジ。最新技術満載で769万円から

Eクラス

搭載するエンジン種類だけがセダンと異なる点。2Lディーゼルとプラグインハイブリッド、メルセデスAMGの4L V8ターボが省かれ、1.5Lターボ/2Lターボ/3Lターボのガソリンエンジン3種類がラインアップされる。

これでフルラインアップが揃ったEクラス。これから街で見かける機会も多くなるだろう。

Eクラス


<写真=ダイムラーAG.>



Eクラス


ドライバーWeb編集部