2020/09/17 ニュース

なぜ車名に「SUV」を付けたがる? プジョー、SUVモデルラインの表記変更の理由

●プジョーのコンパクトSUV「2008」の車名は、新型から「SUV 2008」となる

3008や5008のミニバンイメージを払拭するため?



プジョー、シトロエン、DSの各ブランドを扱うグループPSAジャパンは、9月11日に「PEUGEOTのSUVモデルラインの正式表記について変更のお知らせ」と題したプレスリリースを発行した。

具体的には、下記のようになる。

■プジョー
2008 → SUV 2008
3008 → SUV 3008
5008 → SUV 5008

【画像ギャラリー】車名が変わった新型「プジョーSUV 2008」の写真を見る

2008、3008、5008とクロスオーバーSUVの出で立ちだから、わざわざモデル名の頭に「SUV」と付けなくてもよい気がするのだが…。グループPSAジャパン広報部に問い合わせてみると、「グローバルでの呼称統一です」とのこと。

本国であるフランスはもちろん、そのほかの欧州諸国も「SUV」と頭に付けている。ただ、イギリスだけはなぜか末尾に「SUV」が付いているという謎…。

なぜそこまで「SUV」を主張したいのか? 3008、5008の先代モデルがいわゆるミニバンだったため、新しいモデルがSUVだと浸透しにくかったのではないか、と想像する。折角のSUVブームに、乗らない手はないからだ。

ちなみにシトロエンはというと、すでにSUV系のモデルには「SUV」が末尾に付いている。「C3 エアクロス SUV」や「C5 エアクロス SUV」がそれ。でも、そもそも「エアクロス」自体がSUV系のモデルを示すのだから、「頭痛が痛い」になってしまっている気もする。とはいえ、「SUV」が付いていたほうが広くわかりやすいのも確かだ。「シトロエンに関しても、グローバルで統一です」(同広報部)。

となると、PSAの高級ブランド「DS」はどうなるのか。じつはSUV系のモデルを指すのは「クロスバック」。こちらも「SUV」が付くのかと思いきや、そうではないのだ。ブランドのキャラクターを考えると、そこまで「SUV」を主張しなくていいという判断なのかもしれない。

ちなみにプジョー、そしてシトロエンの各モデルに「SUV」を付けるのは宣伝上の話ではなく、公的な文章にも使われるとのこと。

では最後に。「SUV 3008」はどう読むのか? 英数字の「0」は「ゼロ」ではなく、「マル」。「エスユーブイ サンマルマルハチ」と発音するのが正解だ。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING