2020/09/10 カー用品

Apple CarPlayやAndroid Autoに対応。スマホ連携型車載用ディスプレイオーディオ「DDX5020S」が登場【ケンウッド】

9月10日JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより2DINディスプレイオーディオの2020年モデルとして新たに「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応したDVD/CD/USB/Bluetoothレシーバー「DDX5020S」を発表。これは音楽・映像の再生や地図アプリによりナビゲーション機能の使用など、スマートフォンとの連携を可能にしたもので、2020年10月上旬より発売を開始する。価格はオープン。

車載用ディスプレイオーディオは、クルマのなかで「音楽と映像を楽しめる商品」として好評だが、ユーザーからはスマートフォンとの連携による各種コンテンツの再生、さらに地図アプリを活用したナビゲーションにも対応した商品が求められている。

そこでJVCケンウッドが企画開発した「DDX5020S」は、「Apple CarPlay」や「Android Auto」にも対応し、スマートフォンとのスムーズな連携を実現。音楽や映像・動画コンテンツはもちろん、地図アプリを活用して手軽にカーナビとして使用できる。

また、スマートフォンの音声認識機能を使った各種操作や、Android搭載スマートフォンと接続して「YouTube」などの動画コンテンツを本機のモニターで視聴できる「USBミラーリング」にも対応。

CDやDVD、USBやBluetoothなどさまざまなコンテンツが楽しめるとともに、スマートフォンと連携した各種機能への対応により車載用ディスプレイオーディオの使用シーンを広げる商品として提案されている。

本機の画面は静電容量式タッチパネルを採用し、フリックやドラッグなどスマホライクな画面操作が可能な点も魅力。さらに高輝度ホワイトLEDバックライトを採用することで、鮮やかでメリハリのある映像を楽しめる。原音に忠実な音質で再生できる音声ファイルフォーマット「FLAC」には192kHz/24bitまで対応し、USBデバイスに収録した楽曲を高音質で再生も可能。そのほか各種音声調節、高音質化技術などを採用し、音のよさにもこだわっている。

またUSB 1.5A出力にも対応。スマートフォンやUSB機器への充電も可能など、車内でマルチに活躍してくれそうだ。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING