2020/09/02 カー用品

【まずはノートから】日産、既販車に取り付け可能な「後付け踏み間違い加速抑制アシスト」を発売

日産自動車は、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いによる衝突事故の被害軽減を目的とした、既販車向けの後付け安全装置「後付け踏み間違い加速抑制アシスト」を、2020年9月2日より発売した。

表示機
●表示機(各種ランプが全点灯のイメージ)

まずは「ノート」(E12型・2012年9月〜)を対象に販売を開始する。価格は7万3700円(取り付け工賃含まず)。今後、順次対象車種を拡大していく。

超音波センサー

●超音波センサー取り付けイメージ
 
「後付け踏み間違い加速抑制アシスト」は、前後のバンパーに計4つの超音波センサーを取り付け、駐車・停車状態からの発進時に、約10km/h以下の車速で、約3m以内に車両前方または後方の壁などの障害物を検知すると、車内に設置した表示機のブザー音によりドライバーへ注意喚起する。超音波センサーは、スーパーやコンビニエンスストアなどのガラスも検知可能だ。
 
さらに、超音波センサーが進行方向に障害物を検知している状態で、ドライバーがブレーキペダルと間違えて強くアクセルペダルを踏み込んだとシステムが判断すると、「前方・後方加速抑制機能」により、加速を抑制し、同時に車内の表示機にアラートを表示、ブザー音でドライバーに知らせる。
 
後退時に誤ってアクセルペダルを強く踏み込み、約5km/hを超えた場合、「後退時加速抑制機能」により加速を抑制するとともに、車内の表示機にアラートを表示し、ブザー音でドライバーに知らせる。
 
日産自動車は現在、多くの車種に「踏み間違い衝突防止アシスト」を装備し販売している。今回の「後付け踏み間違い加速抑制アシスト」を発売することで、さらに多くのユーザーへの安心・安全な運転をサポートし、交通事故の低減に取り組んでいくとのことだ。
 
 
今回発売した「後付け踏み間違い加速抑制アシスト」は、サポカー補助金の対象となる。2021年3月末日時点で満65歳以上のドライバーが所有する車両に取り付けることで、4万円の補助が受けられる。
 

 
[後付け踏み間違い加速抑制アシストの製品概要]

<おもな機能>

前方・後方加速抑制機能
■前方・後方加速抑制機能
 
進行方向の約3m以内にある壁などの障害物を超音波センサーが検知。この状態でブレーキペダルと間違えてアクセルペダルが強く踏み込まれた場合、加速を抑制すると同時に車内の表示機にアラートを表示し、ブザー音でドライバーに注意喚起を行う。



後退時加速抑制機能 
■後退時加速抑制機能
 
作動対象となる障害物がない状態での後退時に、誤ってアクセルペダルを強く踏み込んで、車速約5km/h以上になった場合、加速を抑制するとともに車内の表示機にアラートを表示し、ブザー音でドライバーに注意を喚起する。
 
<適合車種>
ノート(E12型)〈年式:2012年9月〜〉
 
<価格>
7万3700円
*価格には取り付け費用を含まず。また、車種や仕様により追加費用(部品代・取り付け費)が必要な場合がある。装着の可否は販売店にて確認のこと
 
詳し情報はこちら
https://www2.nissan.co.jp/CATALOG/QR/OP/kasoku_yokusei_assist_01.html

 

日産自動車
http://www.nissan.co.jp

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING