2020/08/08 カー用品

レーシーなカーボン製エアクリーナーボックスを採用! HKSが、吸気温度を抑制するスイフトスポーツ用「コールドエアインテーク」を発売

HKS(エッチケーエス)は、吸気系チューニングパーツ「コールドエアインテーク」のスイフトスポーツ(ZC33S型)用を2020年7月31日に発売した。価格はレーシングサクション付きフルキットが14万5200円、パイピング+クリーナーボックスのみが9万4600円。

スイフトスポーツ用コールドエアインテーク

スイフトスポーツ用に設定した「コールドエアインテーク」は、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)製のインテークダクト(エアクリーナーボックス)で、3K綾織りを採用することで、レーシーさと高級感を演出する。

同社のインテークシステム「レーシングサクション」が付いたフルキットのほか、「コールドエアインテーク」のみの購入も可能。レーシングサクション装着済み車両のアップグレードにも対応する。


「コールドエアインテーク」を装着することで、エンジンやラジエター周辺の熱風をブロックできる。これによりフレッシュエアを効率よく導入し、吸気温度の上昇を抑制。出力&トルク特性の改善が期待できる。

エアクリーナーボックスを装備しているが、むき出しタイプのエアクリーナーならではのスポーティな吸気サウンドはスポイルされない。


性能グラフ
[性能グラフ]※HKSによるテストデータ

■コールドエアインテーク装着時:
最高出力…110.0kW(149.6ps)
最大トルク…245.1Nm(25.0kgm)

■ノーマル:
最高出力…108.8kW(148.0ps)
最大トルク…242.0Nm(24.7kgm)

〈テスト時の車両仕様(6速MT)〉
・HKSスーパーターボマフラー
・HKSオイルクーラー
・HKSインタークーラー
※ノーマルタービン、ノーマルブーストにて計測



吸気温度測定
グラフは、30分のアイドリング後、市街地や郊外、高速道などの走行パターンを模したWLTCモードにて吸気温度を測定。時間が経過しても純正同等以上の低い吸気温度を保っていることが見て取れる。




[製品概要]

■コールドエアインテーク
対応車種:スイフトスポーツ
型式:CBA-ZC33S
エンジン:K14C型
年式:2017年9月〜
価格:
レーシングサクション付きフルキット:14万5200円
パイピング+クリーナーボックス:9万4600円


「コールドエアインテーク」の詳しい情報はこちら
https://www.hks-power.co.jp/product/carbon/air_intake/



<問い合わせ先> 
エッチケーエス
TEL:0544-29-1235(火・水・木・金曜日の13:00〜17:00)
https://www.hks-power.co.jp

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING