2020/07/31 新車

EV専用車ではなかったマツダMX-30。しかも日本はリース販売。一般には買えない!? その理由とは

EV専用車ではなかった

マツダは7月31日、コンパクトSUV「MAZDA MX-30」を今秋日本国内に導入すると発表した。

MX-30は、東京モーターショー2019にてマツダ初の量産EVモデルとして世界初公開した。その時点では「EV専用車」だと思っていたのだが…。

今回、マイルドハイブリッドモデルの追加を公表。地域ごとに最適な動力源を適用する、マツダのマルチソリューション戦略の一環として、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID(エム ハイブリッド)」を組み合わせた「e-SKYACTIV G(イー・スカイアクティブ・ジー)」を搭載する。

といってもまったく新しいパワートレーンではなく、例えばマツダ3やCX-30など、欧州ではすでに2リットルガソリン+マイルドハイブリッドを投入している。つまりマイルドハイブリッドを組み合わせたパワートレーンの呼び方を、今後「e-SKYACTIV〜」と呼ぶようになるようだ。

となると、すでにマイルドハイブリッドを組み合わせている「SKYACTIV-X」はどうなるのか? 

おそらく、「e-SKYACTIV X」と順次呼称を変更していくのだろう。

EVのMX-30はリース販売

そしてもう一つニュースが。今年度中に販売を開始するEVモデルに限っては、なんとリースだというのだ。もしかして一般には販売されない!? なぜリースなのか?

その理由をマツダ広報部は、


弊社として初の量産EVとなるため、販売店での対応など準備の時間を頂戴したいと考えております。販売方法について現時点では「リース販売」としか申し上げられず、一般のお客様への販売についても、正式にお伝えできるまでお待ちいただければと思います。


マツダ初の量産EV、販売体制の準備などさまざまな対応が盛りだくさんなのかもしれない。

とはいえ東京モーターショーで憧れ、「観音開きのマツダのEVに乗るぞ!」と思っていたファンにとっては、不安にさせる今回の発表だったかもしれない。

〈文=driver@web編集部〉

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING