2020/07/14 カー用品

【ウイルス不活性化試験でウイルス99.99%減少を確認】「ルームピア ウォッシュミスト」で車内を清潔に!

コロナ禍によって、いままでとは違う新たな生活様式を取り入れる動きが進んでいる。そんななか、人との接触を減らすことを目的に、交通公共機関から自家用車を活用した通勤も可能にした職場も増えてきているなど、クルマを利用するシーンも変容してきた。

クルマを利用する際の衛生管理として、新しい生活様式に即した車内ケアの必要性が高まってきているのだ。

そんななか、経済産業省や独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)により、新型コロナウイルスに対する家庭や職場におけるアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、消毒方法の有効性評価に関する発表がなされ、9種の界面活性剤が有効と判断された。


ウイルス不活性化試験で99.99%減少

そこで、ソフト99コーポレーション(以下ソフト99)は、同社の製品において、消毒効果の有用性を確かめる試験を実施。手軽に車内ケアができる製品として好評の「ルームピア ウォッシュミスト」のウイルス不活性化試験でウイルスが99.99%減少したことを確認したという。



「ルームピア ウォッシュミスト」は、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)が選定した「新型コロナに有効な界面活性剤」に該当するアルキルグリコシド(0.1~1%)、アルキルアミンオキシド(0.1~1%)を配合した界面活性剤を使用している。NITEの発表は家庭や職場におけるアルコール以外の消毒方法として評価されたものだが、適切に活用することで洗浄・除菌(すべての菌を除菌できるわけではない)など車内の衛生対策として活用できる。

手で触れる箇所は意外と多い

では、クルマの乗降時や運転時に手で触れる箇所はどういったところかを見てみると、ハンドルやシフトノブはもちろん、カーナビの画面やインパネまわりの各種操作ボタンやレバーといった箇所が上げられる。これ以外にも意識せずに触れている箇所としてシートベルトやシート位置調整の際のシート下面や側面のレバー、ドアの内側パネルなど、かなり広範囲を触れていることになる。


自分しか触れないから大丈夫というわけではなく、それらに付着した菌やウイルスなどを再度触れることにより、さらにほかの場所へと広げたり、家族で共用するとなると、自分以外の人への配慮も必要となる。

スプレーして拭き取るだけの簡単作業

「ルームピア ウォッシュミスト」は、スプレーしてタオルで拭き取るだけと手軽に使える。電気系統のパーツなどにはタオルにスプレーしてから拭き上げれば安心だ。


汚れを落とし、消臭・除菌効果が期待できる「ルームピア ウォッシュミスト」を、定期的な車内ケアに用いてみてはいかがだろう。


[製品概要]

■ルームピア ウォッシュミスト
内容量:300ml
価格:オープン
発売日:2017年10月2日


<問い合わせ先>
ソフト99コーポレーション
TEL:06-6942-2851
https://www.soft99.co.jp

RECOMMENDEDおすすめの記事


RANKING