2020/07/08 カー用品

電源不要で、手を使わずに消毒できる。IPFが、足踏み式アルコールディスペンサーを発売

IPFは、新型コロナウイルス感染拡大の防止策の一環として、アルコールディスペンサーの製造・販売を開始した。価格は2万8600円。

今回発売したアルコールディスペンサーは、同社の金属加工技術および生産設備を活用して製造される。


製品は足でペダルを踏むことで除菌用アルコールなどのボトルのポンプを押し込めるため、ボトルやポンプ部に触れずに消毒・手洗いができる。電源が必要なく設置場所の自由度も高い。学校や店舗、イベント施設、企業の受け付けなどさまざまな場所で使える。


ボトルホルダーはボトルのサイズに合わせて調整可能。ノズル位置の高さを調整すれば液体の噴出量を変えられる。液体せっけんのボトルをセットすれば手洗い場でも使える。


通常のサイズは大人が使う高さに設定されており、ほかに背の低い子供でも使える小さなサイズも用意する。製品はIPFの自社工場で一貫生産される日本製だ。



[製品概要]

品名:アルコールディスペンサー Lサイズ
品番:DS-AL2
サイズ:高さ1080mm、幅300mm、奥行き285mm

品名:アルコールディスペンサー Sサイズ
品番:DS-AL3
サイズ:高さ780mm、幅300mm、奥行き285mm

価格:各2万8600円


<問い合わせ先>
IPF
TEL:027-346-3316(平日9:00〜12:00、13:00〜16:00)
メール:https://www.ipf.co.jp/contact/contact_form.htmlもしくはmailto:support@ipf.co.jp
URL:https://www.ipf.co.jp


RECOMMENDEDおすすめの記事


RANKING