2020/07/09 カー用品

最大4つのカメラ映像で死角が激減。データシステムのマルチカメラスプリッター「MCS296」

リニューアルでさらに使いやすく!

クルマの死角を減らすのに有効なのが、車外の状況を映し出すカメラ。前後左右に装着すれば、死角を減らし、クルマの動き出しや車庫入れの際などに周囲の状況確認をサポートする。それら複数のカメラを取り付ける場合に便利なのが、データシステムの「マルチカメラスプリッター」だ。



同社は使い勝手を向上させるべくリニューアル。新たにコントロールスイッチを従来の1ボタンから2ボタン仕様に変更したほか、24V車にも対応した「マルチカメラスプリッター MCS296」を発売した。価格は1万9800円。


●表示のオン・オフを操作するボタンと、画面表示の切り替えボタンを分けることで直感的かつスムーズな操作が可能となった

この製品はフロントやサイド、リヤなどに設置した最大4つのカメラ映像を入力でき、多彩なモニターレイアウトでカーナビや後付けモニターに表示できるのだ。


●同社のスーパースリムモニターに4分割表示可能

好みに応じて見たいカメラ映像を表示できるのみならず、運転操作に連動して複数のカメラ映像の同時表示も可能。

また、「ワンタッチ映像出力機能」を使うことで、スイッチ操作を行うごとに、設定したカメラ映像の表示や非表示が可能。車速連動機能により使用中は、車速が15km/h以上になるとカメラ映像を停止し、10km/h以下になると再表示する。

ウインカー連動機能やリバース連動機能も搭載。各操作時に確認すべき方向の映像を自動で表示する。

同社の各種カメラとの親和性が高く、組み合わせて使用することで安全運転をサポートしてくれる。

【安全運転をサポートするデータシステムのカメラシリーズ】

リアVIEWカメラ RVC801



価格=9680円

水平画角140°の広角レンズで広範囲に後方を確認できる。夜間でも明るく見やすいので安全を確認しやすい。電源ユニットを持たないコンパクトサイズで取り付け角度の自由度が高い。目立たない位置へスマートに設置できる。

車種別サイドカメラキットSCKシリーズ



価格=2万743円〜

左サイドの死角をモニターに映して安全運転をサポートする。左折時や縦列駐車の際に便利。車種別に専用設計されたカメラカバーで、見た目もスマートに取り付け可能だ。カメラは好感度スーパーCMOSセンサー搭載で視認性が高い。

エンブレム フロントカメラキット FCKシリーズ



価格=2万3980円

純正のフロントエンブレム内に装着できるカメラカバーに超小型カメラを組み込んでいる。目立たずスマートに取り付けられるユニークな製品だ。水平画角は180°あり、駐車場出口や交差点で左右方向からの往来を確認するのに役立つ。

■問い合わせ先
データシステム
086-445-1617
https://www.datasystem.co.jp/

〈文=driver@web編集部〉

RECOMMENDEDおすすめの記事


RANKING