2020/07/08 カー用品

マツダ、デミオとベリーサに後付けできる「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を販売開始

マツダは、すでに販売された車両に装着する、後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を2020年7月6日より全国のマツダ販売店で発売した。対象となるのはデミオ(DE型、製造時期:2007〜2014年)とベリーサ(DC型、製造時期:2005〜2015年)で、価格は6万7100円(取り付け工賃含まず)。なお、サポカー補助金は4万円の適用となる。



今回販売を開始した後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」は、車両前後に装着した超音波センサーで前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知した場合、ブザー音と車内に取り付けたインジケーターで注意喚起する。それでもブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを強く踏み込んだ場合には、加速を抑制して衝突時の被害軽減に貢献する。


後退時には、壁などの障害物を検知していない場合でも、約5km/h以上でアクセルペダルを踏んだ場合、ブザー音とインジケーターで注意を喚起し、加速を抑制して衝突の回避もしくは軽減を図る。

前進、後退時のいずれも加速の抑制を目的とするもので、自動で停止する機能はないから、必ず自身でブレーキを踏んで車両を停止させる必要がある。機能には限界があるので過信は禁物である。

同装置は、マツダの純正用品で、サポカー補助金の対象となる。補助金の額は4万円で、満65歳以上の人が同装置を取り付ける場合、同装置の価格から補助金を差し引いた2万7100円に、取り付け工賃等諸費用を加えた額を支払うこととなる。

近年増加する、駐車場などでのペダル踏み間違いによる事故に対して、マツダは独自の安全思想である「マツダ プロアクティブ セーフティ」に基づいた安心安全技術を搭載した車種を拡充。クルマに乗る人が安心して運転を楽しめることを目指してきた。

さらに後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を導入することで、現在販売中の車種だけでなく、デミオやベリーサに長く乗ってきたユーザーも、より安心して運転を楽しめるようになる。


[後付け「ペダル踏み間違い加速抑制装置」製品概要]

■価格:6万7100円(本体。付属部品など)※取り付け費など諸費用含まず
■サポカー補助金:4万円
■対象車
〈デミオ〉
・車体番号:DE***-100001〜のAT車およびCVT車
・製造時期:2007〜2014年
※EV車(700001〜)は対象外

〈ベリーサ〉
・車体番号:DC***-200001〜のAT車(※100001〜200000は対象外)
・製造時期:2005〜2015年


マツダ
https://www.mazda.co.jp

RECOMMENDEDおすすめの記事


RANKING