2020/06/17 ニュース

【納期はだいぶ先?】好調ディフェンダーのロングボディ仕様110をお披露目! うわさのディーゼル追加は?

2020年6月17日、ジャガー・ランドローバー ジャパンが新型ディフェンダーのロングボディモデル「110(ワンテン)」をオンラインで発表した。価格は589万円から。


●ディフェンダーはボディが2種類あり、左のショートが90(ナインティ)、右のロングは110(ワンテン)と呼ぶ

19年に発表されたショートボディの「90(ナインティ)」に加えてお披露目された110。予約は先行で受け付けていたのだが、上陸してお披露目されるのはこれが初めて。


●ディフェンダー110

90との違いは、ロングボディで5ドア、3列シート7人乗り、全グレード電子制御エアサスペンション装備といった点。それ以外は装備も含め90とほぼ同じ仕様だ。豊富なオプションから好きな組み合わせが選べる点も変わらない。

ディフェンダーの詳細情報はコチラから↓

https://driver-web.jp/articles/detail/23588/

●インテリアは余分なものを廃したシンプルさと、上質感を備えたデザイン。メーターはフルディスプレイタイプだ

新ブランドアンバサダーも披露!

今回のオンライン発表会では、110のお披露目以外にも新ブランドアンバサダーの就任発表も行われた。新たにアンバサダーに加わったのは、ラグビー日本代表の稲垣啓太選手。


●ランドローバーの新ブランドアンバサダーに就任した、ラグビー日本代表の稲垣啓太選手

同じくアンバサダーでラグビー日本代表の田村優選手、プロゴルファーの原英莉花選手とともに参加したトークショーでは、クルマ好きな一面を話してくれた。「まだラグビーの今後も決まっていない状況ですが、早く元に戻ってドライブを楽しみたいです」と、いつもの表情で嬉しそうに話していた。 


●ラグビー日本代表の田村優選手は、サーフィンが趣味ということもあり海へドライブに行きたいと話していた

●プロゴルファーの原英莉花選手も5月にアンバサダーに就任したばかり。今回が初めてのイベント参加だった

●アンバサダー3人が参加したトークセッションも、ソーシャルディスタンスを守って行われた

気になることは、みんな同じ?

YouTubeのオンライン発表会ならではの演出としては、リアルタイムでの質問を回答するという場面があった。ライブ配信中は視聴者からのコメントも多く寄せられていたが、そのなかで目立った質問はディーゼルモデルが追加されるか? という内容だった。


●ジャガー・ランドローバーはこれからオンラインでの顧客対応を重視することも発表された。商談や購入手続き、アフターサービスの受付までオンライン上で完結できる

これに関してランドローバーは、今後ディーゼルや6気筒モデルの導入も検討しているという回答だった。今は2Lガソリンエンジンしかラインアップされていないディフェンダーだが、エンジン種類が増えればますます魅力的になる。ディーゼルがあれば買うのにというコメントも見受けられたが、そう考えている人は少なくないだろう。期待して待ちたいところだ。

新型ディフェンダーは、一番早い納車で20年秋頃を予定している。ただ、かなりオーダーを抱えているらしく、現時点で注文すると年内納車は厳しいかもしれない。欲しいと思った人は早めに注文するほうがよさそうだ。


●ディフェンダー90(左)とディフェンダー110(右)

ディフェンダーの価格表は以下の通り。

グレード名価格
110 P300 ファーストエディション820万円
110 P300 HSE812万円
110 P300 SE732万円
110 P300 S663万円
110 P300589万円
90 P300 ファーストエディション739万円
90 P300 HSE730万円
90 P300 SE648万円
90 P300 S582万円
90 P300499万円

<文=driver@web 編集部>


ランドローバー オフィシャルサイト
www.landrover.co.jp/


RECOMMENDEDおすすめの記事