2020/05/07 ニュース

“本格オフローダー”が危ない!クルマの盗難、もっとも狙われる車種とは【2020年調査】

日本損害保険協会は5月7日、「第21回自動車盗難事故実態調査結果」を発表した。車種別の盗難件数は、下記のとおり。

■2020年2月調査

1位:ランドクルーザー 42件(18.1%)
2位:プリウス     39件(16.8%)
3位:レクサスLX     25件(10.8%)
4位:アルファード     19件(8.2%)
5位:レクサスLS     14件(6.0%)
6位:ヴェルファイア    10件(4.3%)
7位:レクサスRX    7件(3.0%)
7位:ハイエース         7件(3.0%
9位:ヴェゼル       6件(2.6%)
10位:レクサスGS     4件(1.7%)
11位:クラウン     3件(1.3%)
11位:インプレッサ   3件(1.3%)
11位:エルフ      3件(1.3%)
11位:ハリアー     3件(1.3%)
※上位14車種合計で183件(78.9%)。その他の車種で49件(21.1%)。( )内は構成比

実態調査結果の概要として、下記があげられている。

・車両本体盗難の被害は、特定に車種に集中する傾向にある
・車両本体盗難1件あたりの平均支払い保険金は401.4万円と増加傾向にある
・盗難発生時間帯では、深夜から朝にかけて被害が多く発生
・盗難発生場所では、屋外駐車場が狙われやすく約74%を占めている

ちなみにランドクルーザーは昨年度調査の35件から42件に増加。レクサスは今回から車種別調査が始まったが、レクサスのなかでもLXが25件ともっとも盗難被害が多い。LXはランドクルーザーがベースであり、ランドクルーザーとの合計では67件にのぼる。本格オフローダーが圧倒的に狙われていることがわかる。


1件あたりの支払い保険金の推移を見ると、その金額は年々増加傾向。クルマ自体の価格上昇もあるが、より高いクルマが狙われていることがわかる。


窃盗犯は、深夜から朝にかけて薄暗い場所で窃盗におよぶ傾向がある。例年、11月のデータをもとに調査を行っているが、今回は日の入りが早い2月のデータをもとに調査を行ったことから、日中時間帯でも薄暗い時間の犯行が増えたものと推察されている。

〈文=driver@web編集部〉

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING