2020/04/20 カー用品

<最新号>ドライバー2020年6月号が発売。ハリアー&タフト発売前の先取り情報/フィット vs ヤリス全方位検証や最旬モデルライバル比較ほか<4月20日>

2020年4月20日、「ドライバー2020年6月号」が発売となりました。

ドライバーは、旬のクルマ情報を、詳しくわかりやすく、そして楽しくお届けする総合クルマ雑誌です。

2020年6月号の巻頭は、6月に発売予定の2台のニューモデルについて、先取り情報をお届けします。


売れない要素はひとつもなさそう

デビュー直前先取り情報その1は、今も国産高級SUVの代表格として君臨するハリアー。4代目となる新型の発売は2020年6月。正式デビューを前に、スペックを含めて詳細が判明しました! 公開された情報を見るかぎり、その出来栄えは大いに期待できそうです。


使い倒したくなる道具感!

デビュー直前先取り情報その2は、ダイハツ タフトです。東京オートサロンで注目を集めたタフトはすでに先行予約を開始。6月に発売することを公表しています。アクティブな外観や優れた走行&安全性能、日常からレジャーまでをこなすパッケージなど、元気な軽クロスオーバーを先取り紹介します!


6月号の総力特集は「#ライバル 徹底比較宣言」と題して、続々と登場した最旬モデルを徹底比較します。群雄割拠のコンパクトカーやスーパーハイト軽ワゴンに新型車が登場したり、セダンにはアコードが投入されるなど、これらはライバルに差をつけられるのか? 各カテゴリーの最旬モデルをライバルと比較したら、それぞれの特徴がハッキリとつかめた!


フィットとヤリス 徹底調査&ロングラン試乗!

コンパクトカテゴリーをリードしていたノートに、強力な刺客が2台も現れた! ゴリゴリ感満載のヤリスに、心地よさ重視のフィット。一気に個性派ぞろいとなったコンパクトカー。はたして軍配はどのクルマにあがるのでしょうか?


500km乗ってわかった、ホントのところ

登場まもないフィットとヤリス。それぞれのハイブリッド車とガソリン車の4台を連れ出し、一般道、高速道路、峠道を燃費計測しながら10時間……、およそ500kmを走ってみた。長く乗ったからこそわかるフィットとヤリスの乗り味はいかに? ユーティリティや使い心地に関しては王者ノートとも比較して、その素性をあぶり出しました。


最新スーパーハイト軽ワゴン “頂上”決戦!

2019年の新車販売台数では、1位がNボックス24万7707台、2位タント17万2679台、3位スペーシア15万9799台と軽自動車の上位を独占するスーパーハイト軽ワゴン。同月の登録車1位であるライズの9979台と比べても圧倒的。そんな日本で一番激戦のカテゴリーであるスーパーハイト軽ワゴンで最強のクルマは一体どれか? 前記3モデルに最新モデルのeKクロス スペース/eKスペースを加えて、徹底比較試乗をしました!


攻めの10代目

初代アコードが誕生したのは1976年。以後四十余年、国内市場において一度もその名を絶やしたことのない、シビックと並ぶホンダのビッグネームである。生まれながらに世界を見据え、時代とニーズに合わせた最良の「調和」を実現すべく、絶えず進化してきた。北米に続き、ようやく日本へ投入された10代目……。その真価を問う。


フィットとヤリスのひとつ上の兄貴分検証

ともに出来のいい弟分の登場で、こと日本における主役の座を奪われてしまった感のあるシビックとカローラの両車。しかし、いずれも劣らぬクラストップレベルの性能を備えた実力車である。ここでは2020年1月にマイナーチェンジしたシビックを軸に再検証します。ステアリングをあらためて握り、“格”の違いを実感した。


フィット クロスターとライズ……じつはライバル?

トヨタ ライズは、5ナンバーサイズのSUVライクなボディに1リットルターボエンジンを搭載。これまで“ありそうでなかった”コンパクトモデルとして2019年末に投入以降、売れに売れている。一方、ホンダの屋台骨であるフィットに新設された、クロスオーバースタイルのクロスター。この2台……じつは価格帯やボディサイズがほぼ同じなのですよ。ということで異クラス“ほぼ”同価格帯モデルをガチンコ検証します。


2020 Spring そのうち行きたい……
日本一スポットdrive

4〜5月はクルマでどこかへ行くには絶好の季節。なのに……今年はもどかしい。一連の事態が終息したら、どーんとスケールのでかい、“日本一”の旅に出かけてみませんか? ということで、長野県佐久〜野辺山エリアで日本一スポットをでっかくドライブしてきました。


2020 Spring
クルマで行きたい“日本一”スポット20選

春の陽気に誘われ、ふらっとドライブにでも出かけたくなるこの時期。ただし今はちょっと我慢。そこで全国の「文字どおり日本一」から「これは日本一に値する」絶景&珍スポットを厳選して紹介します。一連の事態が終息するまでドライブルートを練りに練っておきましょう。


高齢ドライバー安全運転強化書
第2回 トレーニング編

社会問題にもなっている高齢ドライバーによる交通事故の増加。そんななかで、一生ドライビングを楽しめる方法を提案していくのがこの連載企画。今回は年齢を重ねるごとに衰えていく高齢ドライバーの身体能力を日常で行えるトレーニングで鍛え、いつまでも安全にドライビングできる方法を紹介します。教えてくれるのは現役日本人最高齢プロドライバーの松田秀士さんです!


もはや言った(付けた)もん勝ち!?

スーパーキャッチ選手権……、ここでいうキャッチとは、そう“キャッチコピー”のこと。どんなクルマでも新型が登場すると、必ず性格をイメージしたフレーズ与えられます。なかには思わず「うまい!」と関心するものから「?」な珍キャッチまで、さまざまな名(迷)コピーが星の数ほど存在しています。あなたの心をグッとつかんだ作品……いくつ覚えていますか?


タイプ別10モデル 車載スマートフォンホルダー実装CHECK!

日常生活でもはや欠かせないものになったスマートフォン。ドライブ中の車内でも、スマホのさまざまなアプリを利用している人も多いことだろう。ただし、運転中にスマホを操作することは厳禁! そこで活用したいのが、車載用のスマートフォンホルダー。注目のモデルを実装して、その実力をチェックしました!


そろそろ履き替えタイミング!
2020夏タイヤ インプレッション

寒い季節もようやく終わり、「そろそろタイヤ交換しなきゃ」と思っている人も多いハズ。そこで今シーズン、編集部がオススメするサマータイヤを紹介。同時に合わせて履きたい最新ホイールも紹介しています!


トーコの! モータースポーツ挑戦記

毎年9月に行われる「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」。これに出場するため、本誌紅一点(?)の大庭が七転八倒(?)しながらどうにかスキルアップをしていく様子をお伝えします。モータースポーツを始めてみようと思っている人にも役立つワンポイントレッスンもあります。

このほか、Nワゴンの安心感の秘密を藤トモ(藤島知子)が検証したり、好評連載の「峠狩り」、じつは動物カメラマンの三好秀昌氏の「ニッポン探訪」などなど、充実の内容でお届けします。

ドライバー2020年6月号は、650円にて発売中です。

お求めは全国の書店・コンビニ、ネット販売にて!

RECOMMENDEDおすすめの記事


RANKING