2020/04/18 ニュース

NISMOが医療用フェイスシールドのフレームを製作し、医療現場を支援。パーツ製作に使う3Dプリンターを活用

NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル、以下ニスモ)は2020年4月17日、日産自動車と共同で医療用フェイスシールドを製作し、医療現場を支援するために提供を開始すると発表した。


●ニスモによる医療用フェイスシールドのフレーム試作品

●3Dプリンター

日産自動車のモータースポーツ活動を担うニスモは、レーシングカーのパーツ製作に使用している3Dプリンターを活用して医療用フェイスシールドのフレームを製作。フレームは日産自動車に納品された後、医療用フェイスシールドとして、医療現場に提供される。


●医療用フェイスシールド(写真は日産自動車提供)

今回の医療用フェイスシールド製作についてニスモは「日産グループの一員として、微力ながらも医療現場をサポートさせていただくと同時に、医療崩壊を防ぐためにも、従業員全員が、感染しないように予防に努めてまいります」と表明した。


ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル
https://www.nismo.co.jp/

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING