2020/04/08 ニュース

【生産終了】アルファ ロメオの4C/4Cスパイダーが一代限りで姿を消すことに

FCAジャパンは4月8日、アルファ ロメオのミッドシップスポーツカー、4C/4Cスパイダーが2020年内に生産終了することに伴い、最終オーダー受付を開始した。期間は4月30日まで。ファイナルエディション(仮称)の価格は、4C、4Cスパイダーともに865万円。全国限定50台、2020年末に発売を予定している。

4Cは、1.75Lの直噴ターボエンジンを乗員のすぐ後ろに搭載するミッドシップレイアウトを採用。最高出力は177kW(249ps)/6000rpm、最大トルクは350Nm(35.7kgm)/2100〜4000rpm。4Cスパイダーは、4Cのオープンモデルだ。

カーボンモノコックシャシーを採用し、車両重量は4Cで1050kg、4Cスパイダーで1060kgと超軽量。その軽さを生かした胸のすく加速と俊敏な走りを実現していた。

ファイナルエディションの装備内容など詳細は不明。現時点で公開されているのは下の写真のみ。後日のアナウンスを待ちたい。


〈文=driver@web編集部〉

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING