2020/04/01 ニュース

ダイハツ タフトが価格未公開で先行予約を開始する理由とは

4月1日、ダイハツは東京オートサロン2020にコンセプトカーとして出展した新型軽クロスオーバー「TAFT(タフト)」の先行予約を開始した。発売は2020年6月を予定している。価格は未公開。


こういった場合、販売店に駆け込むと教えてくれることがあるので、早速、都内のダイハツ販売店に直撃電話。すると、「え、まだやってないと思うのですが…」と受付先の声。「先ほど、メーカーさんのリリースを拝見したので…」と返すと、「あ!少々お待ち下さい!」と保留音。すると、「営業の●●です。お待たせいたしました!」と、営業の方に電話が代わった。

「タフトって、もう価格がわかるんですか?」と直球でお話をうかがうと、「いえ、まだわれわれのところには資料はもちろん、価格もまだでして…」というお返事。「いつごろわかるのですか?」とさらに突っ込むと、「今月(4月)末に営業マン向けの研修があるので、そのあと…5月上旬というところでしょうか」とのことだった。

新車は、発売のおよそ1カ月前ぐらいに価格が販売店に降りてくる。タフトは6月発売だから、遅くても5月に入ればそういった詳細な情報を手に入れられるはずだ。

それならなぜこのタイミングで「先行予約」を行うのか? つまり「受注」ではなくて、「今回の告知は、どこでこのタフトを知りましたか?とか、アンケート的な意味合いが強いです」とのこと。そして予約のうえ、成約するといろいろなプレゼントが“もれなく”もらえるらしい。その条件としては、

■予約期間:2020年5月31日(日)まで
■成約期間:2020年6月21日(日)まで

以上の期間で、予約から成約まで完了すれば素敵なプレゼントがもらえる。プレゼントが欲しい人、そして納車を早めにしたいという人は、ぜひ上記期間を意識して商談を進めたほうがいいだろう。

今後、タフトに関する情報はスペシャルサイトで随時公開される。

〈タフトのスペシャルサイト〉
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/special/

https://driver-web.jp/articles/detail/26957/

 

〈文=driver@web編集部〉

RECOMMENDEDおすすめの記事