2020/03/24 新車

【仕様変更で安全性を強化!】VW「Polo(ポロ)」のセーフティパッケージに「Lane Assist」を追加

フォルクスワーゲングループジャパンは2020年3月24日、「Polo(ポロ)」のオプションパッケージにおいて安全性を向上させる仕様変更を実施した。


●TSI コンフォートライン リミテッド

ポロはMQBモジュールを採用して2018年に登場。これまで上級モデルに採用していた先進安全機能を装備し、高い安全性を実現してきた。

今回の仕様変更では、人気オプションのセーフティパッケージにレーンキープアシストシステム「Lane Assist」を追加。さらなる安全性の強化を図った。


「Lane Assist」は、フロントガラス上部に設置されたカメラにより、走行中の車線をモニタリング。ドライバーの意図しない車線の逸脱を検知すると、ステアリング補正を行いドライバーに警告し、ステアリング操作をサポートするもの。これにより、ドライバーの疲労軽減が図れるなど、安全性の向上に寄与する。

なお、起動速度や作動速度(65km/h以上)の制限がある。

今回の仕様変更によりフォルクスワーゲンのラインアップで「Lane Assist」を採用するモデルが約8割となった。引き続き同社の総合安全コンセプト「Volkswagen オールイン・セーフティ」を強化していくという。


[仕様変更内容]

■セーフティパッケージ(ハイライン、Rライン、GTI向け)
価格:13万2000円 ※「Discover Proパッケージ(23万1000円)」とのセットオプションとなる
・レーンキープアシストシステム「Lane Assist」(今回の追加機能)
・駐車支援システム「Park Assist」
・パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付き)
・オプティカルパーキングシステム
・ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)
・リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

■セーフティパッケージ(コンフォートラインリミテッド向け)
価格:15万4000円
・レーンキープアシストシステム「Lane Assist」(今回の追加機能)
・駐車支援システム「Park Assist」
・パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付き)
・オプティカルパーキングシステム
・ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)
・リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
・アダプティブクルーズコントロール ACC(全車速追従機能付き)

「ポロ」についての詳しい情報はこちら
https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの


<問い合わせ先>
フォルクワーゲン カスタマーセンター
TEL:0120-993-199
https://www.volkswagen.co.jp

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING