2020/04/06 旧車

生産台数わずか44台!! なぜマツダはバスにロータリーを積んだのか?【パークウェイ ロータリー26】

先進の公害対策が施されたREバス

マツダは1960年代初頭より十数人~二十数人乗りのライトバスを生産・販売しており、いずれも好評で幼稚園や旅館の送迎バスなどにもよく使われた。

1972年にはフルモデルチェンジされ、ガソリン1985㏄/ディーゼル2701㏄の2系統のエンジンを据えた「パークウェイ26」が登場。併売されていた、キャブオーバートラックのクラフトとシャシーを共用する「クラフト ライトバス(18人乗り)」より大型で、車名の“26”は 最大乗車人数が26人であることを表していた。なお、幼児専用車は大人3名、幼児39人が乗れる設定だった。


●型式TA13Lの同車は全長6195mm、全幅1980mm、全高2295mm、ホイールベースは3285mmだ。撮影車両はスタンダードに相当するクーラーなしのDX(デラックス)。現車はドイツに渡っており、国内の走行可能な車両の残存数はゼロだ

2年後の1974年7月、このパークウェイになんとロータリーエンジン搭載モデルが追加された。その名も「パークウェイロータリー26」。このころのマツダ車は車名が長い傾向にあったが、REライトバスもその例に漏れなかった。

シャシーとボディはガソリン/ディーゼルのパークウェイを基本としつつ、ルーチェAPの新設計13Bロータリーをアレンジしてフロア下に搭載。4速マニュアルミッションながら、流体カップリングの“トルクグライド”を組み合わせ、スムーズな走行を可能としていた。


●AP=アンチポリューション仕様の13Bを運転席付近のフロア下に搭載。排ガス浄化システムは同時期のルーチェに採用のREAPS(リープス)3を基本としつつ、実質はREAPS2とREAPS3の混成だった。ミッションはタイタン・ディーゼル(EXB43S)の5速をベースに、4速化したものを採用。減速比は1速5.376、2速2.608、3速1.693、4速1.000で1速のみノンシンクロ

 


●消音装置は中央のメインサイレンサーのほか、プリサイレンサー、アフターサイレンサーの3段階として極めて静粛な走行を実現した。デフは減速比6.667のタイタンと共通品

●AP車の証として、当時のマツダRE車は四角いマフラーエンドを採用していた

●70L容量の燃料タンクをダブルで装備。実用燃費はお察しといったところだ。クーラー付き車ではクーラー用エンジンのタンクも兼ねるため、さらに燃費は悪化する

●ダッシュボード上に追加された8000rpmスケールのタコメーターがスパルタンな印象。マニュアルのコラム4速ながら、トルクグライドを採用したためPレンジがあり、停車時に入れるとミッションのメインシャフトが機械的にロックされる。Pレンジ以外でイグニッションキーをOFFにするとブザーが鳴る安全装置も付く

しかしなぜ、マツダはこんなバスを作ったのだろうか。

この時代は世界的に公害が社会問題となり、世は排ガス規制の方向へ急激に舵を切っていた。代表例としてまず、アメリカのマスキー法が挙げられる。これに対応し、マツダはAP仕様のRE(RX-4=ルーチェに搭載)で1973年2月にマスキー法をクリア。これはホンダの公害対策エンジンCVCCに続く快挙であり、既存のガソリンエンジンの改良では困難と言われた厳しい規制を、REで乗り越えたことに大いなる意義があった。


●マツダはパークウェイロータリー26を突然の思いつきで作ったのではない。RE実用化の直後からこのエンジンの可能性を図るべく、各種ボディへの搭載を画策。1971年には同社製ライトバスのA型をベースにREバスを仕立てていた。エンジンはルーチェロータリークーペの13A(655cc×2)をベースにし、完成した車両を広島県庁に納入。正式なカタログモデルではなかったが、これが世界初のロータリーバスとなったのである。写真はやや不鮮明なものの、グリルにはルーチェ用と思われるローターをかたどっだバッジが装着されている。最高出力126ps、最大トルク17.5kgm

この先進の“無公害”エンジンをバスにも採用することで、パークウェイロータリー26は「世界初の公害対策バス」の称号を得たのである。同車の専用カタログでは、「あのコスモスポーツの誕生にもまさる大きな意味を持っています」とまで堂々うたっている。



●車内寸法は幅1760mm、高さ1510mmで大人が立って歩くことはできない。前後の長さは5380mmで、クーラー付き車は後部ベンチシートがなくなるため4670mmと短くなる

●丸型のテールはファミリアロータリーシリーズやカペラロータリーシリーズと共通品。ただしパークウェイはロータリーだけでなくガソリン/ディーゼルもこれを使用していた

●パークウェイロータリー26のグレード展開はDX、DXクーラー付き、スーパーDXの3種。カタログ掲載車の塗装色はマーガレットホワイトをベースにアスターブルー/アドニスイエローのストライプをあしらったスーパーDX専用色

しかしながら、折悪しく訪れたオイルショックの影響は大きく、「公共のためのパワーソースとして、その価値をお見せする(カタログより)」ことなく生産はわずか44台のみで終了。確かに低公害ではあったが、採算的には大損害であっただろう。

ちょっと気の毒?な13B


パークウェイロータリー26のクーラー付き車は、総重量4トンを超える車体を引っ張るエンジンがたった1308ccで、それとは別に車内を冷やすためだけに987ccエンジンを積むという、ある意味矛盾を抱えたバスでもあった。

定員いっぱいに乗車した状態での車両総重量は、最上級グレードのスーパーDX(クーラー付き)が13人乗りで一番軽く3975kg。もっとも重いDXクーラー付き22人乗りでは4420kgにもなった。これは同時期のRE乗用車4台分に等しい。

クーラー付き車は車体後部にボンゴ用をベースとした、ボア×ストロークが68.0mmスクエアのPB型水冷4気筒エンジンを搭載していた。このスペースを確保するため、車体最後部の4人乗りベンチシートを廃している。クーラーユニット型式はGS-4で、エンジンを含むユニット総重量は300kgにも及ぶ。

〈2020年3月30日発売:マツダ ロータリーの神々(八重洲出版)より〉

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING