2020/03/03 モータースポーツ

GRヤリスをWRCで激写! ゼロカー走行シーン 


●ラリースウェーデンのスペシャルステージを走るトヨタの次期WRC戦略モデル「GRヤリス」

2020年のWRCラリースウェーデンはトヨタ・ヤリスWRCを駆るエルフィン・エヴァンス/スコット・マーティン組が見事優勝を飾ったのはラリーファンなら記憶に新しいところですが、じつは競技以外でも注目されていた1台のヤリスがSSを走行していました。トヨタの次期WRC戦略モデルとされ、現在日本でも予約を受付ているGRヤリスです。競技前にコースのチェックを行うゼッケン「0」をつけたゼロカーに採用されていたのです。真っ赤なボディのGRヤリスは左ハンドルで、欧州仕様は先頃中止が決定したジュネーブモーターショーで初公開が予定されていたことを考えると、今となってはその走行シーンは先取り感バツグンのとても貴重なシーンだったのかもしれません。


●ゼロカーとして採用されたのは、先頃中止になった今年のジュネーブモーターショーで発表予定だったと思われる左ハンドルの欧州仕様。内外装ともにいたってノーマルに見えロールバーも確認できませんでした

●こちらが現在戦っている現行型のヤリスWRC。写真はラリースウェーデンを制したエルフィン・エヴァンス/スコット・マーティン組

ドライバーはパー・エクルンド、コ・ドライバーはジョニー・ヨハンソンでともにスウェーデン出身のラリー選手です。パー・エクルンドはラリースウェーデン(スウェディッシュラリー)での歴代優勝者にも名を連ねている名ドライバーで、2人は1990年代にスバル・レガシイでコンビを組みWRCへの参戦も果たしています。


●ゼロカーのステアリングを託されたのは地元スウェーデン出身でスウェディッシュラリーの優勝経験をもつパー・エクルンド氏

GRヤリスは20年ぶりにトヨタがWRCに向けホモロゲーションを取得するために開発された、つまり最初からラリーで戦うことを目指し生まれたモデルです。それだけに現在トップカテゴリーで戦っているヤリスWRCの後継モデルのベースとしてはもちろん、その1つ下のクラス、WRC2と3への参戦が可能となるR5規定のマシンの開発も期待されるモデルなのです。ちなみに現在WRCに参戦中のヒュンダイi20クーペWRCやフォード フィエスタWRC、そして昨年まで参戦していたシトロエンC3WRCにもR5規定のマシンはすでに存在していますので、トヨタがこのカテゴリーに適合したモデルを開発すればトヨタ ヤリスを選ぶプライベーターもあらわれ、WRC2と3の盛り上がりにも貢献しそうな気がします。


●迫力あるリヤのオーバーフェンダーとカーボンルーフを備えたGRヤリスがSSを駆け抜ける!

GRヤリスの実戦投入にはまだ時間がかかりそうですが(というか、そもそもまだ発売もされていませんが)、トヨタの本気がみなぎった新世代マシンが地元スウェーデンのドライバー/コ・ドライバーによってWRCのコースを疾走する姿にはとてもワクワクさせられてしまいました。


●北欧らしい起伏に富んだラリーコースをスパイクタイヤで走る姿もなかなか似合ってます

日本で開催するWRC「Rally Japan」まであと8カ月。まだ先、まだ先と思っていましたが案外もうすぐです。

〈文と写真=高橋 学〉

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING