2019/11/28 Q&A

首都高の右側車線をずーっと走っても通行帯違反にはならない!?

通常の高速道路では、一番右側の車線は追い越し車線と決められている。片側2車線の道路であれば左側が走行車線、右車線が追い越し車線といった具合である。ところが首都高にはそういった車線標識は見当たらない。首都高には追い越し車線という概念がないのだろうか?答えはもちろんNOである。警視庁高速道路交通警察隊に聞いたところ、「首都高にも第1通行帯、第2通行帯の区分はあります」とのこと。加えて、「道交法第20条で定められているように、原則第1通行帯(道路の左端から数えて1番目の通行帯)を走行してください」。ということは、首都高でも通行帯違反で切符を切られることはあるのだろうか。それに対して、「違反の取り締まりは行われます。ですが、右合流が点在する首都高では余程のことでないかぎり、取り締まりはしにくいのが現状です。例えば前後のクルマが1台もいないなかだったり、首都高では特殊な状況でないと取り締まりも妥当性に欠ける場合が多いからです」。いずれにせよ、首都高だろうと追い越し車線はずっと走行しないほうが懸命だ。〈文=編集部〉

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING