2019/11/27 ニュース

マツダ、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車が、国内販売累計50万台を達成

マツダは2019年11月27日、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D(スカイアクティブD)」を搭載する車両の国内販売が累計50万台(2019年9月末時点)に達したと発表した。スカイアクティブDは、それまでの常識を覆す低圧縮比化を実現し、走行性能や燃費性能、環境性能を大幅に改善したエンジン。国内市場向けには2012年2月に発売したCX-5に、2.2リットルの「SKYACTIV-D 2.2」を搭載し、導入を開始。以降2014年9月には1.5リットル「SKYACTIV-D 1.5」をデミオに、2018年5月からは1.8リットル「SKYACTIV-D 1.8」をCX-3に搭載するなど、3種の排気量をラインアップしており、マツダ ロードスターを除く全登録車に展開している。
●SKYACTIV-D 1.5

●SKYACTIV-D 1.8

●SKYACTIV-D 2.2
スカイアクティブDは、圧倒的なトルクによる高速道路や登坂路での余力感や、給油の手間を軽減する優れた燃費性能による経済性の高さが魅力。加えて、ディーゼルエンジンとは思えないような静粛性や高回転までの伸びなど、オーナーになれば実感できる独自の価値が多くのユーザーに支持されているという。 [クリーンディーゼルエンジン国内乗用車販売台数推移](マツダ車:マツダ調べ、全銘柄:自販連調べ、CY=暦年:1〜12月)
マツダ車全銘柄
CY20122万8875台4万201台
CY20134万5379台7万5701台
CY20144万8815台7万9222台
CY201510万3771台15万3732台
CY20167万3566台14万3468台
CY20176万9286台15万6162台
CY20188万671台17万6721台
CY2019(1〜9月)5万195台13万6476台
50万558台96万1683台
 

■「スカイアクティブD」搭載車


CX-8
CX-5
CX-30
CX-3
MAZDA6
MAZDA3
MAZDA2 *製品仕様などは発表時のもの
マツダhttps://www.mazda.co.jp https://driver-web.jp/articles/detail/23364/https://driver-web.jp/articles/detail/24357/  

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING