2019/11/26 カー用品

LEGO史上初の日本車! 日産GT-R ニスモが「レゴ スピードチャンピオン シリーズ」で登場


2019年11月25日、レゴ ジャパンはレゴ史上初となる日本車とのコラボ商品「日産GT-R ニスモ 76896」の発表会を日産グローバル本社ギャラリーにて行った。このレゴ新商品発表会には、レゴ グループのニールス・ビー・クリスチャンセンCEOと、日産の星野朝子執行役副社長が登壇。日産GT-R ニスモの2020年モデルを再現した新商品をお披露目した。「日産GT-R ニスモ 76896」の発売は2020年1月を予定。価格はオープンだが、おおよそ3000円程度の予定。日産GT-R NISMOの2020年モデルをベースに、2016年4月にUAEのフジャイラ国際空港でドリフト走行の世界最高速となる304.96km/hを達成してギネス世界記録を更新した際のカラーリングを再現した製品。2016年時点のGT-Rはフロントフェンダーにダクトは設けられていなかったが、今回の商品にはそのダクトがステッカーで再現されているのがポイントだ。
ニールス・ビー・クリスチャンセンCEOは、「このモデルを自分で楽しく組み立て、さらにそれで遊ぶ体験をすることで、お子さまがエンジニアリングやものづくりへの関心を持ってくれることを願っています。エンジニアたちが数十年という年月をかけて、日産GT-Rのデザインと性能を向上させたように、お子さまが楽しみながら組み立てたり、解体したり、再び組み立てることを繰り返すことで、創造力や問題解決能力、クリティカルシンキングなどの重要なスキルを育むお手伝いができることを願っています。遊びが持つパワーを通して、世界の明日を創造していく未来の担い手を育成することがわれわれのミッションです」とコメント。
星野朝子執行役副社長は、「世界中のたくさんのファンから愛されているレゴの新商品に、日産GT-Rニスモが初の日本車として選ばれたことを大変うれしく思います。日産車にお乗りの多くのお客さまは、このGT-Rレゴによって、子どものころのレゴ車への情熱を思い出すでしょう。この商品を手にしたお客さますべてが、GT-Rを作り上げる匠、つまり日産GT-Rを組み立る達人になれるのです」とコメント。
今回のGT-Rレゴは、レゴ スピードチャンピオンシリーズ。298ピースで構成される。
〈文&写真=編集部〉

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING