2019/11/20 ニュース

ついに来た!ポルシェ初のEV「タイカン」を発表&受注開始。デリバリーは2020年9月から

ポルシェジャパンは2019年11月20日、ポルシェ初のバッテリーEV「タイカン」を国内で初公開するとともに、同日より「期間限定タイカン予約プログラム」を開始すると発表した。価格は未公表。
●2019年8月にポルシェジャパン代表取締役社長に就任したミヒャエル・キルシュ氏とタイカンターボ(欧州仕様)



ポルシェ初のEVついに日本へ

「タイカン」はポルシェの伝統を忠実に受け継いだスポーツカーであるという。アンベールされて目の前に現れたそれは、やはりポルシェそのもの。流麗な4ドアのクーペフォルムはEVであることをまったくと言っていいほど感じさせない。車両の周囲を1周してみて、従来との違いといえるのは、リヤビューからマフラーがなくなったことと、フロントフェンダー左右に給電用リッドが備わることくらい。低いノーズから立ち上がるフロントウインドー。そこからなだらかにリヤへ向かって落ちていくルーフラインとボリュームあるリヤフェンダーが融合するさま、そして真一文字のリヤコンビランプ&ガーニッシュなど、どのポルシェにも共通するデザインエッセンスがちりばめられている。
なかでもフロントまわりは最大の見せ場で、フロントフードはフラットかつ低く抑えられている。これはフル電動システムによるコンパクトなパワートレーンにより成し得たものでもあるという。そのたたずまいはリヤにエンジンを搭載する911のようだ。
「タイカン」には横長な方形の4灯式LEDヘッドライトが組み込まれる。このヘッドライトの外側から下方へ伸びる縦型のエアインテークが、ホイールに流れ込む空気をカーテンのように導き、気流の乱れを抑えて空力特性を向上させるという。

 
●スライドは複数のセルで構成される800Vパフォーマンスバッテリープラス。ポルシェジャパン マーケティング部プロダクトマネーシャーのアレキサンダー・クワース氏が「タイカン」の車両概要を説明

ラインアップは3種

国内でのラインアップは標準仕様のタイカン4Sと、ハイパフォーマンス仕様のタイカンターボ、タイカンターボSの3種。いずれも前後に電気モーターを1基ずつ搭載する4WD仕様。これに世界最高レベルの高速充電を実現した800Vのバッテリーシステムを床下にフラット搭載される。後輪用モーターには自動切替式の2速変速機構を搭載しダイナミクス性能を向上させるなど、革新的な機構を採用する。
●急速充電はCHAdeMOに対応。150kWの急速充電が可能な次世代CHAdeMOの充電設備を、ポルシェジャパンのディーラーなどに設置するという

●左フェンダー部には普通充電口を搭載
充電方式は次世代CHAdeMO方式の急速充電と普通充電に対応。車両右側がCHAdeMO充電口で左側が普通充電口となる。

圧倒的な加速力

それぞれのパフォーマンスはというと、タイカン4Sの最高出力は320kW(435ps)で、ローンチコントロール時には390kW(530kW)を発揮し、最大トルクは640Nmを発生する。バッテリー容量は79.2kWh仕様(パフォーマンスバッテリー)を搭載。普通充電での充電時間(バッテリ容量0%→100%)は9.5時間、50kWの急速充電でバッテリー容量5%→80%までに要する時間は93分。ちなみに最大100kmの航続距離に達するまでに要する時間(WLTPモード)は31分としている。バッテリーの大容量かつ圧倒的な高速充電性能を生かすため、ポルシェジャパンは全国のポルシェセンターや公共施設に次世代CHAdeMOに対応した急速充電器を設置するとしている。その充電出力は国内でもっともパワフルな150kWで、タイカンに搭載するバッテリーを30分以内で80%まで充電する能力を持っているという。タイカンターボの最高出力は460kW(625ps)で、ローンチコントロール時には500kW(680ps)となり、最大トルクは850Nmを発生。最強仕様のタイカンターボSでは通常時の最大出力はタイカンターボと同じ。だが、ローンチコントロール時には560kW(761ps)と60kW(81ps)高められ、最大トルクは1050Nmに達する。0→100km/h加速においてはタイカン4Sが4秒であるのに対して、タイカンターボSでは2秒8と怒濤の加速力を誇る。最高速度はタイカン4Sが250km/hで、ターボとターボSは260km/hだ。ちなみに航続距離は、タイカン4Sで最長463kmに達するとアナウンスされている。
航続距離は回生ブレーキによってもまかなわれる。ポルシェ回生マネジメントシステム(PRM)を搭載し、制動エネルギーの最大90%を再生可能。日常の走行であれば航続距離の最大1/3までを回生だけで楽しめるのだという。ちなみに、200km/hから停止するまで回生ブレーキを作動させた場合、最大4Km分の航続距離に相当する電気エネルギーが得られるとのことだ。 

デジタルカーなインテリア

「タイカン」のインテリアは伝統と先進が融合する現代的なレイアウト。なかでも目を引くのがデジタル化されたメーターやスイッチ類だ。メーターは16.8インチの大型ディスプレイを採用し、その両脇にはライティング操作用とシャシー機能設定用のタッチスクリーン式のコントロールパネルが備わる。このほか、インストルメントパネルセンターには10.9インチのディスプレイがあるうえにオプションで助手席側にも同サイズのディスプレイを用意。センターコンソールはエアコンやナビ機能、ハンズフリー通話などの操作ができるダイレクトタッチコントロール付き8.4インチセンターコンソール操作パネルと、ほぼすべてがデジタル式。機械式スイッチはステアリングホイールやドアまわりにあるくらい。リヤシート用のエアコン操作も5.9インチのタッチスクリーン式だ。
また、コネクティッド機能「ポルシェコネクト」も装備。音声を通じて多彩な機能を操作できるボイスコントロールや、スマートフォンからドアの施錠状態や駐車位置が確認できる。さらにApple Musicにも対応している。これを車両の機能として組み込んだのは世界初。サブスプリクション登録すれば5000万以上の楽曲が車内で楽しめる。 

環境負荷の低減も図る

「タイカン」は走行時にCO₂を発生しないだけでなく、生産時のCO₂ニュートラルも配慮している。タイカンを生産するツッフェンハウゼンの新工場は、バイオガスで稼働するコジェネレーションプラントを設置し環境負荷を低減したほか、風力、水力、太陽光などの天然エネルギーで生み出された電力を幅広く取り入れているという。もちろん車両に使用される素材も環境に配慮されたもの。例えば軽量でリサイクル可能なアルムニウムをボディの37%に使用し、シート地には、なめし行程に有機素材のオリーブの葉を用いたクラブレザーのOLEAをオプション設定したほか、リサイクル繊維を使用したマイクロファイバー素材も用意する。
●フロントフード下には容量81Lのラゲッジスペースが設けられている

●リヤのラゲッジスペースは写真のタイカンターボと同ターボSが366L。タイカン4Sが407Lを確保

2020年11月20日より受注開始

このように次世代型のポルシェとしてフル電動スポーツカー「タイカン」が国内発表され、同時に期間限定タイカン予約プログラムが開始されたわけだが、この期間限定タイカン予約プログラムはどういったものかというと、簡単に言えば商談受け付けだ。具体的には、タイカンに興味がある人を対象としたもので、専用ページにアクセスして、登録画面にしたがって必要事項を入力・登録。後日ポルシェ正規販売店より電話もしくはメールで連絡がくるので、そこから商談を開始するというものだ。なお、このプログラムへの参加にはデポジットが必要となる。「期間限定タイカン予約プログラム」専用ページhttps://www.porsche.co.jp/sp/taycan/ 
<文と写真=編集部>
ポルシェTEL:0120-846-911(ポルシェカスタマーケアセンター)https://www.porsche.com/japan/

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING