2019/10/01 ニュース

【東京モーターショー2019】新型デイズの電気自動車版!? 軽規格のEV「ニッサンIMk」を出展

幹線道路まで”ハンズオフ”最新コネクテッドで新たな体験を

日産は2019年10月1日、東京モーターショー2019の出展概要を発表。目玉は、2020年代の「ニッサン インテリジェント モビリティ」が目指す将来の姿を体現する電気自動車(EV)のコンセプトカー「ニッサンIMk」だ。
●ニッサンIMk。全高を見ると、日産のハイトワゴン、新型デイズとほぼ同等だ
■主要諸元全長:3434mm 全幅(ドアミラー除く):1512mm 全高:1644mmニッサンIMkは、新開発のEVプラットフォームを採用し、軽自動車規格というコンパクトなボディサイズでありながら、これまでの常識を覆すEVならではの力強くスムーズな走りと驚きの静粛性を実現する革新的なシティコミューター。最新の運転支援技術やシームレスなコネクテッド機能を搭載し、ドライバーが自身を持って運転できるようサポートするだけでなく、クルマでの移動をもっとワクワクした体験へを変えていくという。
運転支援技術には、新型スカイラインから搭載が始まった”ハンズオフ”機能も可能な「プロパイロット2.0」からさらに進化させた次世代運転支援技術を搭載。高速道路での運転支援から主要幹線道路に利用範囲を拡大し、幅広いシーンでドライバーの運転をサポート。またスマホを使ってクルマを自動的に駐車可能な「プロパイロット リモートパーキング」や、クルマから降りると無人の状態の「ニッサンIMk」が自ら空きスペースに駐車し、必要なときにドライバーがスマホで呼ぶとドライバーの元まで迎えに来るドライバーレスパーキング機能などを搭載。運転経験の浅い方でも数々の支援機能により安全で回転機なドライビングを楽しめるとしている。
コネクティビティ機能も最新版。スマホと連携してドライバーを認証し、クルマに乗り込むたびにシートポジションや好みの香りなど、認証されたドライバー個人にパーソナライズされたセッティングに変更。また、ドライバーが乗り込む前にエアコンやステアリングヒーター、シートヒーターなどが作動することで、乗車する人が快適な車内空間をあらかじめ作ることも可能だ。そのため、家族でクルマを共有する場合でも、いつでも車内を自分のお気に入りのプライベートスペースできるという。ドライバーのスケジュール管理ソフトともつながり、クルマが渋滞など最新の交通状況を考慮してスケジュールに間に合う出発時間をスマホに通知するので、時間を無駄にしないシームレスな移動を実現。目的地に到着すると、ドライバーレスバレーパーキング機能により自動で空いているスペースを探して駐車します。V2X(Vehicle to Everything)を搭載しているニッサン IMkは、駐車中でもドライバーのスケジュールや次の目的地を事前に把握することで、ドライバーの次の移動までもシームレスにサポート。その後の移動に必要な電気を残しながら、V2H(Vehicle to Home)の機能を通して家庭やオフィス、地域社会のエネルギーマネジメントに貢献する。また、CES2019 で日産が発表した究極のコネクテッドカー体験を生み出す将来技術「Invisible-to-Visible (I2V)」も搭載しており、休日にはアバターとなって車内に現われた友人との会話を楽しみながらドライブの時間を過ごすことができる。ニッサン IMkは移動中であっても遠隔地にいる友人とつながり、充実したソーシャルライフを楽しむことができるとしている。

自動運転化時代を見据えた「部屋」としての車内空間


エクステリアには、都市部の洗練された景観から日本らしい伝統的な街並みにも自然に溶け込む上質でシックなデザインを採用。新たしい時代の小型EVの姿を提案している。フロントからボディサイド、そしてリヤへと滑らかに面や線が流れているのも特徴。車体色には日本古来より使われている金属で、日本の文化に所縁のある「アカガネ」を採用し、細部に至るまで日本のDNAを取り込んだ表現としている。例えばバンパーやホイール、タイヤ、テールランプ、ルーフには「水引」模様の流れの美しさにヒントを得たスリットパターンを採用し、フロントグリルやリヤコンビランプには木組みを模したような格子パターンを表現している。こうした日本の伝統的な表現はEVとの親和性が高く、緻密でダイナミックなデザインを可能としている。
インテリアは、これからの自動運転の時代に向け、運転のための空間から快適な時間を過ごす「部屋」としての空間へ変化することを意識して開発。直線やシンプルな曲面を使って構成された空間は、クリーンでモダンな「部屋」を表現し、「アカガネ」のアクセントはそこに上質さと艶やかさを加える。インパネには一切スイッチがなく、ユーザーに必要な情報はアイコニックなプリズムディスプレイのなかで、情報が空中に浮かび上がるかのように映し出される。そこには、インタラクティブにパーソナライズされたウイットに富んだ楽しいGUIがホログラムのように映し出される。また、日本家屋の縁側や障子がそうであるように、プリズムディスプレイの手前と向こう側を視覚的に連続させるデザインは、奥行きや広さを感じさせ、リラックスできる楽しい空間を作り出す。またコンパクトなEVパワートレーンの採用により、余裕を生み出した足元空間に暗めの色を配し、インテリア全体を包む淡い色とベンチシートによってラウンジのようにリラックスできる空間も特徴だ。日産の東京モーターショー2019特設サイトは↓↓https://www.nissan.co.jp/MS/TOKYO2019/〈文=編集部〉 

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING