2019/08/20 ニュース

光岡自動車、搬送霊柩車にシリーズ頂点となる「プレミアムフュージョン」を追加設定

光岡自動車は、搬送霊柩(きゅう)車「フュージョン」シリーズに、新たに「プレミアムフュージョン」を追加し、2019年8月20日に発売した。価格はFFが537万8400円〜、4WDが563万7600円〜。搬送霊柩車の「フュージョン」シリーズは、ご遺体などを搬送する搬送車の機能と霊柩車としても使える一台二役の霊柩車。そのシリーズの頂点となる「プレミアムフュージョン」は、アルファードもしくはヴェルファイアをベースに従来の搬送霊柩車に比べ、棺室内の機能性を大幅に拡張して利便性を高めるとともに、新設計の室内装飾により高級感のあるインテリアに仕上げた。
インテリアに使用する革や木目調パネルの種類や色を変更できるといったカスタマイズにも対応している。これは「カーライフ・エンターテインメント」を信条とする光岡自動車ならではのモデルとなっている。搬送霊柩車「プレミアムフュージョン」は、少子高齢化社会により家族葬などといった多様化する葬儀形態の増加や、葬祭業界の常態的な人材不足を補うため、業務の汎用性と効率化を求めるニーズから開発された、搬送車と霊柩車の役割を一台で担う多機能車。今回発売した「プレミアムフュージョン」は、棺室内に業務に使用する道具や装備などを収納するラックをオプション設定。収納スペースのカスタマイズも可能な設計となっている。
 新設計の室内装飾は立体的に作られた構造体としての美しさを有している。キルティングステッチのレザーと艶を抑えた上品な木目調パネルの装飾によって、上質かつ高級感を演出する。このレザーと木目調パネルの色や種類を選べるようにしたことで、まったく異なる棺室内の雰囲気を作り上げられる。趣向や地域に合わせたカスタマイズが可能だ。
 外観では、クオーターピラーに「KIZASHI(キザシ)」と名付けられたランドボーを標準装備。近未来的なデザインを作り上げた。また、「KIZASHI」からリヤゲートガラスを左右を覆うような造形を施し、リヤビューをより先鋭的なスタイルとしている。これらの特徴的な造形により、より印象深く付加価値の高いお見送りのシーンを演出する。
 なお、新型搬送霊柩車 アルファード/ヴェルファイア「プレミアムフュージョン」は、2019年8月20〜22日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催する「エンディング産業展2019(ENDEX)」で展示されている。 


[搬送霊柩車 アルファード/ヴェルファイア「プレミアムフュージョン」車両概要]

■外観:フュージョン専用「KIZASHI(キザシ)」パネル/フュージョン専用リヤパネル/専用ストライプ■棺室:プレミアムフュージョン専用装飾棺室インテリア/ストレッチャー兼用棺台(2100mm×620mm)■車両寸法:全長4945mm×全幅1850mm×全高1935mm■駆動方式:FFもしくは4WD■乗車定員:3人■発売日:2019年8月20日(火) 

[価格]

〈FF・2.5L・CVT〉2.5X:537万8400円〜 〈4WD・2.5L・CVT〉2.5X 4WD:563万7600円〜 *製品仕様・価格(税込み)などは発表時のもの
光岡自動車TEL:0120-49-3360(受付時間 10:00〜19:00)http://www.mitsuoka-tokuhan.com(光岡自動車特販課ホームページ) 

RECOMMENDEDおすすめの記事