2019/07/04 ニュース

まさかの無念!? 無限、究極のタイプR「MUGEN RC20GT Package」の発売を断念

無限は2019年7月4日、シビックタイプRをベースに、”究極のタイプR”として発売を予定していたチューニングパーツのパッケージ「MUGEN RC20GT」の発売を中止したと発表した。
●MUGEN RC20GT Package Pre Prodaction MODEL
「CIVIC TYPE R MUGEN RC20GT」に関するお詫びとご案内 と題する一枚のリリースには以下のように記されている。
 さて、2017年のCIVIC日本投入以降、これまで我々はTYPE Rをサーキットに持ち込み、様々な開発・評価試験を重ね、究極のTYPE Rを作るべく開発してまいりました。その結果、2018年には「MUGEN RC20GT Concept」、そして2019年には「MUGEN RC20GT Pre Production」を東京オートサロンに出展致しました。また、同年の東京オートサロン、大阪オートメッセにおいては「MUGEN RC20GT」をパッケージとして販売することを想定してご案内して参りました。しかし、出展車両と同等の品質と機能に拘わり、GT車両と同じファシリティ・製法を用いて製造する事としたため、当初の想定を遥かに超える価格と、極端に低い量産性となってしまい「MUGEN RC20GT Package」を販売する事が現実的ではないとの判断に至り、発売を中止する事と致しました。発売をお待ち頂いておりましたお客様には、ご期待に沿えぬ結果となりましたこと、心よりお詫び申し上げます。何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。今後とも、無限製品を御愛顧賜りますようお願い申し上げます。
 
●「MUGEN RC20GT Package」の構成パーツ
当ウェブサイトでも、2019年初の東京オートサロンで期待を持って紹介している。ホンダのMUGENブースで目を引く大きなパネルに描かれたイラストやそのチューニングメニューにくぎ付けとなった。パッケージ内容は以下のように説明されていた。・「カーボエアロキット(エアロボンネット、フロント&リヤバンパー、フロントリップスポイラー、サイドスポイラー、リヤウイング)」…サーキットタイム短縮を図るため空力性能向上と軽量化を図る・「プロスペックサスペンション」…車高調整式のレーシングダンパー・「ハイパフォーマンスブレーキシステム」…よく止まるレーシングスペック・「ハイパフォーマンスエキゾーストシステム」…超軽量なチタン合金製。パワーアップと迫力のサウンドを実現・アルミホイール「MDCF」…ハンドリングにこだわった超軽量1ピース切削鍛造アルミホイール・「ハイパフォーマンスエアクリーナー&ボックス」…空気抵抗を減らしパワーアップを図る・「オイルクーラーシステム」…限界走行時の油温を安定化を図る・「LEDテールライト」…個性的なデザインの専用仕様。流れるウインカーで個性を主張・「スポーツステアリングホイール」…こだわりの素材と専用グリップが用いられるなんとも、その気にさせるアイテムばかり……。こだわりのエアロパーツや機能パーツのため、コンプリートカー販売では価格が跳ね上がってしまう。これを抑える目的も含んでいるというように説明を受けたと記憶している。さらにコンプリトーカーではなく、所有車を”究極のタイプR”にカスタマイズ可能な、持ち込み装着という今までにない販売方法もあって、期待して発売を待っていただけになんとも残念でならない。ぜひ、新たな解決策を見いだし、”究極のタイプR”の発売を実現してもらいたい。 「CIVIC TYPE R MUGEN RC20GT」までストイックではないが、その開発で得られたノウハウを投入した単品販売のアイテムはすでに販売、もしくは発売予定だから、こちらで無限の心意気を感じてほしい。シビックタイプR無限パーツの詳しい情報はこちら https://driver-web.jp/articles/detail/13777/
無限http://www.mugen-power.com https://driver-web.jp/articles/detail/18243/

RECOMMENDEDおすすめの記事