2018/11/30 ニュース

なんだ?このカッコいいリーフは⁉︎ EVレーシングカー「リーフ NISMO RC」初公開



 

0→100km/h加速3.4秒の実力!

日産は2018年11月30日、新型EVレーシングカー「リーフ NISMO RC」を発表した。同車は、日産のモータースポーツワークスであるNISMOが開発を担当。最先端のレーシングテクノロジーが盛り込まれている。
●リーフ NISMO RC。見てのとおり市販車とは別物。オリジナルのシャシーで作られたレーシングカーだ

●リヤもフロント同様フェンダーの張り出しが大きい
従来型からの大きな変更点は、モーターがシングルからツインへ変わったことだ。駆動方式も前後にモーターを配した4WDとなり、駆動力配分が50:50から前40:後60まで変化する可変システムを搭載する。
●フロントビュー。リーフだと言われるまで気づかないほど、ワイドで低いスタイリング

●サイドビューは、伸びやかなフォルムが特徴的

●リヤのウイングは、立体的な造形ではなく直線的なデザイン

●リヤのバンパーは延長され、ボディ下部には大型のディフューザーが備わる
さらにボディには、ロールケージや前後のサブフレームまでCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を使用。軽量に仕上がったカーボンモノコックボディにより、車重はわずか1220kgに抑えられた。
●フォーミュラEと同じミシュランタイヤを装着する。サイズは前後とも235/40R18

●コックピットのセンターには大型のモニターが置かれている。ロールケージまでカーボン製
ツインモーター+四輪駆動システムを、軽量ボディに搭載したリーフ NISMO RCは、240kW/640Nmのハイパワーを発揮する。0→100km/h加速は、わずか3.4秒。従来型の1.5倍となる加速性能を手に入れた。
●ドアの内側にLEDのライティングが施されていた
 

公式レース参戦予定は今のところなし

日産では、今後このリーフ NISMO RCを6台製作する予定。世界各国のレースやイベントに持ち込まれ、EVレーシングカーによる迫力の走りを披露するパフォーマンスデモカーになるようだ。ちなみに、今週末12月2日に富士スピードウェイで行われる「NISMOフェスティバル」でもデモランが披露される予定だ。
●モノコックのカーボン地がむき出しのインテリア。シンプルなデザインだ

●ステアリングにはさまざまなスイッチが並んでいる

●2座のバケットシートが並ぶ室内。重量配分を考え、可能な限り人が中央に寄るように配置されている
残念なのは、せっかくスペシャルなレーシングカーに仕上がったのに、オフィシャルなレースには参加予定が今のところないこと。なんとも寂しい限りだ。どうせなら6台でワンメイクデモレースくらい行ってもらいたいもの。フォーミュラEの前座レースとして、来シーズンからはジャガー Iペイスによるワンメイクレースも開催。さらにはFIA世界ラリークロス選手権(WRX)の競技車両にもEVの正式採用が決まるなど、徐々に盛り上がりつつあるEVのレース。レギュレーションの整備が整えば、リーフの勇姿をサーキットで見ることもできるだろう。そう遠くない未来のことだと思うのだが……。リーフ NISMO RCによるレースが、一刻も早く楽しめるようになることを願うばかりだ。 <文=本誌・青山 写真=編集部> 
日産 オフィシャルサイト https://driver-web.jp/articles/detail/12656/ 

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING