2018/11/15 カー用品

「初音ミク」とドライブ! ホンダとドワンゴが、スマホアプリ「osoba」のサービスを2019年1月から開始

ホンダは、ドワンゴと共同開発したiPhone向けアプリ「osoba(オソバ)」のサービスを2019年1月から開始する。「osoba」は、軽自動車のミッドシップオープンスポーツ「S660」のセンターディスプレイ装着車向けに開発された無料アプリ。USB経由で車速や走行距離、外気温、灯火点灯状況などの車両情報を取り出し、適切なタイミングでキャラクターがドライバーに発話する。「osoba」の発話は、若者を中心に人気のあるバーチャルシンガー「初音ミク(ハツネミク)」を起用。初音ミクの声で、ドライブが楽しくなる情報や安全運転に役立つ情報、車両メンテナンス情報などを提供する。また、osobaのサービス提供に向けて、初音ミク楽曲コンテストをはじめとした企画を展開していくという。詳細な情報や今後の展開については、osoba公式サイト(https://www.osoba.ai)で順次公開していく。 まずは、2018年11月22日21:30からのニコニコ生放送でその詳細が明らかになる!! 
●iPhone向けスマホアプリ「osoba」は、S660のセンターディスプレイ装着車に対応する
 

あなたの「オソバ」に寄り添うサービス

ちなみに、このアプリ名「osoba(オソバ)」とはどんな意味が込められているのだろう?とホンダ広報部に確認してみた。文字どおり、ドライバーの”そばに寄り添う”サービスであることから名付けられたという、直球勝負なネーミング。興味本位で、”もしかして、おそば屋さんの情報とかも知れたり……”と聞いてみたが、「それはないですね」。今のところ、そば屋情報は提供はされないそうだ。

気になる対応車種拡大は?

また、今回S660のセンターディスプレイ装着車用のサービスとして提供されるとのことなのだが、「初音ミク」とドライブしたい!という他モデルユーザーもいると思うので、その辺も聞いてみた。「現状ではS660に適用させたシステムなので、他モデルには対応しない」とのこと。でも、反響しだいでは適応車種拡大もありそう!? まずはサービス開始を期待して待つことにしよう。 
ホンダhttps://www.honda.co.jp 

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING